1. HOME
  2. ブログ
  3. われらの青春バンド!RADWIMPSの魅力をただただ言いたい

われらの青春バンド!RADWIMPSの魅力をただただ言いたい

こんにちは~
日に日に増える洗濯物を横目に
いつか家政婦を雇えるくらい稼いでやる!と思いながら晩酌しています。

おしゃれな五反田オフィスで働くOLなのに
ちょっと残念な干物女のいしはらはやしです!!!!!

あなたが青春時代に聴いていた音楽は何ですか?

中学生、高校生と思春期に聴いていた思い出の曲ってありますよね
わたしも学生生活を思い出すと常に音楽が傍にあった気がします

友達から進めてもらった曲
好きな人が聴いていた曲

休み時間に校庭に向かって皆で歌っていた曲

苦しい部活動を支えてくれた曲
試験勉強中に聴いていた曲

失恋したときにカラオケで熱唱する曲

思い出とセットになっている音楽は何年後かに聴くと
タイムスリップしている気分になりますよね

あなにとっての青春ソングを教えてください。と言われたら

私は声を大にして「RADWIMPSの愛し」と答えます

RADWIMPSの曲は
映画の主題歌にもなり、一気に知名度が上がり
街中やCMなどで流れることが多くなりましたよね

その中でも私の一押しソング「愛し」(かなし)という曲は
インディーズ時代のもので
病めるときも健やかなるときも常に思春期の私をささえてくれていました

この曲の最大の魅力は

とにかく歌詞が印象的です
“愛し”と書いて“かなし”と読むこの曲はとても奥が深い歌詞の構成になっていて

「こんなに切ない感情を表しているのか」と思ったり

「うんうん、人を好きになるってそうだよね」と思ったり

「人と人がかかわるうえでそんな気持ちになることあるよね」と思ったり

その時の自分の環境によって受け止める歌詞の意味が変わってくるので

ふとした時に思わず聞きたくなり、大人になった今でも聴いている曲です

そしてなにより作詞作曲をやっているVo野田洋次郎さんの感性に惹かれて

初めて自分のお小遣いで買ったCDも
初めて行ったライブも

私はRADWIMPSでした

最近サブスクリプションが解禁されて
スマホで簡単に聴けるようになったので

ぜひほかの曲も聴いてみてください!!!!!!!

総まとめ

いかがでしたでしょうか

ぜひ、あなたにとっての青春ソングと

重ねて読んでもらえたら嬉しいです…♪*

関連記事